• アザレア
  • ラッタンバリー
  • オークパーク
  • キーストン
  • ミルラン
  • ムーンストリーム
  • オークス

オークス誕生

COLUMN

ラインナップ

アザレア

ライトがユーソニアン住宅で試みた内部空間と外部空間をほどよく一体化。
家族一人ひとりが適度な距離でお互いの気配を感じながら、
絆を深めることができます。

オークパーク

シカゴ郊外の町、オークパーク。欧州の伝統様式が主流だった当時の住まいを、
ライトは「まるで空気穴をくりぬいた箱のようだ」と批判し、開放的な独自の
住宅を作り上げました。


ムーンストリーム

鉄筋コンクリートの構造の特性を生かし、大きな窓による開口で
外と内のつながりを持つ大空間のLDKや、桂離宮の月見台をモチーフとした
水盤の眺めを楽しむ和室など、何年たっても色あせない意匠性を体感できます。

ラッタンバリー

ライトの愛弟子であるジョン・ラッタンバリーによって、日本の住宅や
住まい方に調和するよう、現代の技術を取り入れて設計されました。
家族を育む空間がある「自然の家」という顔も持っています。


ミルラン

モニュメントのように浮かび上がる落水荘。
時代を超えて人々を惹きつけるこの住まいは、その「姿」とともに【隅】を
デザインすることで、気持ちの良い場が生まれています。

キーストン

美しいラインやシルエットを、伝統や建築様式に縛られることなく、
のびやかに、大らかに表現。大地に抱かれて暮らすような温もりと開放感に
あふれた空間としてまとめあげました。


オークス

近代的で上品さを備えたアーバン型プレーリー住宅。
永い年月を経ても、色褪せず愛着を持ち、心から癒される、寛げる住まい。